鍼灸について

 鍼灸の効果・効用

鍼灸とは

鍼というと、痛そう、怖そうという印象を持たれる方も多いと思います。病院で行う注射針のようなものをイメージすると、痛いという感覚もあるかもしれません。しかし、鍼灸で使われる鍼のほとんどが、とても細いものです。鍼にもいろんな種類がありますが、日本で現在使われている鍼の多くは、髪の毛程の細いもので、刺さった時の痛みのほとんどありません。菅鍼法とういう方法で、鍼が鍼管という管の中に入っていて、その管があることで、鍼が身体に刺さる時の刺激が軽減されます。当院では菅鍼法での鍼を主に使用しています。滅菌消毒されたディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用しており、衛生面でも安心してお受けいただけます。ソフトな鍼刺激を目指していますので、痛みはあまりありません。

鍼の効果

気、血、津液の流れを改善するために、経絡の要所となるところのツボに刺激を与えます。硬くなっている筋肉を緩める為に、筋肉に刺激を与えたり、血流の改善や痛みの軽減を図るために、神経の走行の近くに刺激を与えたりします。

また子どもに対しては刺さない鍼(小児鍼)を行います。子供は陽気の塊、あえて鍼を刺さずとも、ソフトな皮膚刺激で体に変化が現れます。お母さんが赤ちゃんを触って、擦ってあげるだけで、子どもの表情が変わる事ってありますよね。当院では、親子で一緒に鍼の治療を受けていただくこともできます。

 

 

 

鍼の種類

☯毫鍼(ごうしん):日本では菅鍼法による毫鍼が用いられることが多いです。柄のついたもので、太さと長さに種類があります。鍼を刺す場所によって、太さや長さを使い分けます。

☯皮内鍼(ひないしん):肌に斜めに角度をつけて刺し、数日間固定します。

☯円皮鍼(えんぴしん):丸い絆創膏のようなシールの真ん中にとても小さく短い鍼がついていて、数日間固定しておきます。最近はスポーツ選手もよく貼っているのを見ます。

☯鍉鍼(ていしん):先端が丸まっていて、体内には鍼は入りませんが、ツボに触れるだけでも効果があります。

その他にも様々な鍼の種類があります。

当院では主に毫鍼を使用しています。またお子様への治療には鍉鍼やローラー鍼(皮膚にローラーで刺激を与えるもので、体内には鍼は入りません。)を使用しています。優しい鍼治療を心がけていますので、初めの方でも安心してお受けいただけます。

 


^

マッサージ・はりきゅう治療院 慈光堂の施術を受ける