乾燥やストレスによるお肌の悩み

 

9月に入り、急に気温も下がってきました。夏の強い日差しや、汗で皮膚の状態があまり良くないと言う方、自宅で過ごす時間が長くなってきて、ストレスなどの影響で皮膚症状が出ているという方のお声も増えています。これから秋に向かい、空気の湿度も変化してきますが、夏の疲れ、これからの乾燥に備えてケアをしていきましょう

 

肌荒れのタイプ

【乾燥しやすい】

血虚タイプの方は、血の不足で栄養や潤いが足りない状態が肌にあらわれやすいです。

肌が乾燥してカサカサ、ツヤがない状態がみられます。これからの季節は空気が乾燥して、特に肌の水分は失われがちです。乾燥がひどくなると、小さいしわやたるみにつながってしまうこともあります。

長い時間、湯船に浸かったり、汗をかきすぎないようにして、保湿をまめにしてあげましょう。このタイプの方は、辛いものや刺激物の食べ過ぎは注意が必要です。コラーゲンが多く含まれるものを積極的に取りましょう。

【くすみがある】

瘀血タイプの方は、血の巡りが悪く、皮膚の色がくすみやすいです。

しみやくすみは、メラニン色素の沈着などによりますが、ストレスや睡眠不足なども原因になります。女性の場合はホルモンのバランスにも関係しているといわれています。アザなどは消えにくくなったり、後にのこりやすいなどの症状がみられることもあります。ニキビが紫色になって跡に残りやすくなったりします。

このタイプの方は皮膚の血流をよくすることが大切です。軽めのマッサージやぬるめのお湯で足浴など、血行促進してあげましょう。果物など、ビタミンCをしっかり取ったり、睡眠を充分取りましょう。

【ニキビができやすい】

痰湿・気滞タイプの方は、ストレスや食べ過ぎによる胃腸の熱によって、脾胃の働きが落ちている事が考えられます。

胃腸の熱が溜まると、排便も上手くいかず、便秘傾向になると、吹き出物ができやすくなります。食生活の乱れによる皮膚トラブルがある方は黄色く膿んだニキビの傾向が多いです。食物繊維が含まれる食材を積極的にとり、便秘を予防していくことも大切です。

ストレスが多く生活が不規則になりやすい方は皮膚に熱がこもりやすく、赤みのあるニキビが見られることが多いです。高カロリーの食事は控えめにし、気の流れをよくするために、柑橘系の食べ物もおすすめです。

 

頭のマッサージ

顔の皮膚と頭の皮膚はつながっています。お顔の皮膚トラブルが気になる時は、頭皮のマッサージもお勧めです。しわやたるみが気になる時も、直接その場所をマッサージするだけでなく、頭の皮膚の緊張もとり、お顔全体の血流をよくしてあげましょう。

当院では、鍼灸全身コースでは、頭部のマッサージやお顔周りの鍼やお灸なども行っております。お肌の状態はお身体全体の状態にも関わりが深い為、お肌のお悩みを鍼灸全身コースでもお手伝いしていきます。また美容鍼灸コースもご用意しております。お気軽にご相談ください。


^

マッサージ・はりきゅう治療院 慈光堂の施術を受ける