9月の東洋医学

お肌のケアをしましょう

今年は暑く、湿気の強かった夏でしたが、朝や夕方の気温が少しずつ下がってきて、過ごしやはすくなってきました。強い日差しにさらされたり、寝苦しい夜が続き寝不足が重なり、お肌の調子が気になる方も多いのではないでしょうか。

汗をたくさんかくことで、肌のバリア機能も低下気味。痒みや肌荒れになりやすい季節です。お肌のケアでは、身体の中からケアしていくことも大切です。東洋医学では体質をいくつかのタイプに分けて見ていきますが、今回は大きく虚弱体質と代謝障害体質でわけて見た場合の一部をご紹介します。

 

気虚タイプ(虚弱体質)

身体のエネルギーが足りない、疲れやすい、汗が止まりにくい、食欲がない、、、こんな症状の方は、気が不足している「気虚」の傾向があります。気が不足すると、脾胃の働きが低下して、消化や吸収機能が落ちてしまいがち。そんな時は少し甘みのある物や、イモ類、鶏肉、大豆などがおすすめです。

痰湿タイプ(代謝障害体質)

身体に熱がこもる、ストレスが多くてだるい、吹き出物ができやすい、口が渇く等の症状がでる方は、「痰湿」が身体に溜まりがち。「痰湿」とは、津液の代謝が悪くなって、身体の中に滞ってしまったものをいいます。そんな時は、大根、冬瓜、きのこ類、ハトムギなど、熱を冷まし、脂肪や水分の排出を促して、痰湿を外に出してくれる食べ物がおすすめです。

美容鍼コース

夏の疲れのケアの一つとして、通常メニューに加えて、美容鍼コースをご用意しました。全身のバランスを整えながら、お顔に鍼やお灸をすることで、お肌のターンオーバーの促進をお手伝いしていきます。ご予約の際に、美容鍼希望とお伝えください。

 

 

 

 

待合室の窓の外には、さるすべりの花が満開です。施術後はゆっくりとお茶を飲みながら、夏の疲れを癒やしにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

せんねん灸のセルフサポーターにもなっております。ご自宅でのお灸でのセルフケアについてのアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。


^

マッサージ・はりきゅう治療院 慈光堂の施術を受ける