今月のおすすめメニュー

4月に入りました。桜も早くも散り始め、新緑の芽生えはじめています。

4月から新しい生活がスタートする方もいらっしゃると思います。新しい環境では、緊張も期待もあり、気持ちも自然と張っている状態になりがちです。身体にも力がはいって硬くなることもあると思います。

また昨年から引き続き、世の中の状況は依然と大きく変化し、緊急事態宣言が解除された今も、感染症対応や在宅ワーク、在宅での授業など、自宅で過ごす時間も引き続き多い方もいらっしゃると思います。

最近、身体を動かす機会がなく、コミュニケーションの機会も以前とは異なるかたちになり、自宅でのこもり時間が多くなるにつれ、体調不良を感じていらっしゃる方も増えてきています。

身体の不調の声に耳を傾け、早め早めに身体のケアをしていきましょう。

香りでリフレッシュ

春は気温も不安定。新しい環境の緊張感、なんとなく精神的にも落ち着かない、ストレスが溜まりがち、落ち込んだり、イライラしたり、

そんな気分の変化が起こりやすい季節でもあります。

東洋医学では「気」というものが身体の中を巡っていて、その流れが良い状態が、より健康な状態と考えます。この気が滞った状態を「気滞」と言います。

「気滞」の状態になると、気分が優れない、イライラする、不眠など精神的に抑うつ状態がみられたり、ゲップやおならが良く出る、気がお腹に溜まると張ったような痛み(脹痛)が見られます。またその痛みの移動することもあります。

こんな症状があるとき、柑橘系の香りがお勧めです。オレンジやレモンなど、手に入りやすいものも多いので、お茶やアロマなどで、香りを楽しみながら、身体のケアをしていきましょう。漢方でも陳皮という生薬がありますが、これはみかんを皮を干したものです。気を巡らせてくれる役割をしてくれます。

お茶や紅茶などに柑橘類を少し搾って、ほっと一息する時間をつくって、気滞を予防していきましょう。

当院では、オレンジルイボルティ、オレンジのアロマオイルの香りなどもご用意しております

 

運動でリフレッシュ

在宅勤務やリモート授業など、生活スタイルの変化で、身体を動かす機会が減ったという方、なんとなく身体がダルくなっている、調子が悪いという訴えで来院される方が、最近は特に多いです。身体の中の循環が上手くいかず、気の流れも停滞しているサインかもしれません。

「気」には「推動作用」(すいどうさよう)という働きがあって、身体のいろいろなものを動かしてくれると言われています。

その推動作用によって血や津液(血以外の全ての体液)の流れは促進され、人の成長や、臓器の働きを促します。

推動作用を働かせるためにも、気の流れが大切。軽い運動で、身体の循環、気の流れをよくして、気滞症状の予防をしていきましょう。

当院では鍼灸治療や、マッサージでも、身体の血流循環、気滞予防のお手伝いをしていきます。

 

新型コロナウイルス感染症に対する当院の安全指針について

当院では以下の対応を行い、感染予防に努めて参ります。ご来院頂く患者様におかれましても、感染予防へのご協力をお願い申しあげます。

1)治療院内の感染予防対策

①施術者も健康管理に努めて参ります。

●毎朝の検温を実施いたします。施術者に37.5℃以上の発熱や風邪症状が出た場合、施術をお休みさせて頂きます。

②院内の衛生管理・感染予防に努めて参ります。

●施術終了後、毎回、設備、備品の消毒を行います。(ドアノブ、トイレ、ベッド周囲など手の触れるところ)

●患者様ごとに施術着は洗濯済みの物を使用し、シーツ、枕カバー、タオル類は患者様ごとに交換いたします。

2)ご来院される患者様への感染防止のご協力のお願い

①過去に2週間以内に以下に該当する場合、ご来院をお控えください。(申し訳ございません)

●37.5℃以上の発熱、風邪症状、味覚・嗅覚異常が出た場合

●海外渡航歴のある場合

●新型コロナウイルス感染者と濃厚接触をした場合

※ご予約時に確認させていただき、また、ご来院時にチェックシートにて体調をご確認させていただき、該当する項目がある場合、施術をお断わりする場合がございます。

②来院時の検温

●来院時に検温をお願いしております。37.0℃以上の場合は施術をお断わりする場合がございます。

③来院時の手指消毒

●入室後に手洗い、アルコール消毒にご協力をお願いいたします。

④マスクの着用

●施術者もマスクとシールドを着用させて頂きます。

●患者様にも施術中のマスクの着用をお願いしております。(飛沫飛散予防の為、布マスクでも結構です)

⑤施術中の換気

●施術中も窓を開けたり、換気扇を使用して換気させていただきます。

⑥帰宅後の体調変化時のご連絡のお願い

●新型コロナウイルス感染症は無症状の方もいらっしゃるという観点から、ご帰宅後2週間以内に、患者様、または患者様のご家族様に感染が確認された場合は、お手数ですが必ず当院までご一報をいただきますよう、お願い申しあげます。

^