ほっこり温熱でお腹もリラックス

5月に入りました。いよいよ「令和」になりました。

新しい時代も健康で、楽しく過ごしていかれるよう、お身体のお手伝いをしていきます。

お腹の調子整えましょう

ゴールデンウィーク、今年は10連休と長いお休みになりました。お出かけにいかれた方、お家でのんびり過ごしている方、

いろんな過ごし方があると思いますが、生活のリズムがいつもと違うと、お腹の調子もリズムが少し変わってくることもあります。

美味しい物をたくさん食べた(*^_^*)、普段食べないようなものに挑戦してみた!! ひたすら寝てのんびりした、、

食べ過ぎは便秘の原因にもなりますし、刺激のある食べ物は下痢を引き起こすこともあります。

旅行中は、少し緊張もあり、お通じが出にくいという方もいます。生活のリズムの変化と共に少し乱れてしまったお腹のリズムを

早めに整えていきましょう。

東洋医学で便秘とは

東洋医学では、便秘は「大便秘結」といいます。

便秘といっても原因はいろいろ。

食べ過ぎで、胃に熱が溜まって、津液(血液以外の体内の水分)を損傷してしまい、便秘になる。

イライラ、緊張したり、長時間座っていたりして、体の中の気の流れが滞った為に、便秘になる。

気や血が足りなくてなる便秘、、冷えからくる便秘など、同じ便秘でも原因はいろいろです。

 

自律神経を整えていきましょう

腸の動きが緩慢になると、便秘がちになります。自律神経のバランスの乱れは腸の動きにも影響があります。

一生懸命何かをやっているとき、緊張しているとき、イライラしているとき、交感神経が優位な状態が続くと、お腹の動きも悪くなります。

副交感神経を優位にして、腸の働きを助けてあげられるよう、鍼やお灸で自律神経のバランスを整えて、便秘が習慣にならないようにしていきましょう。

温めて、お腹ほっこり

慈光堂では、お灸をはじめ、温熱療法を積極的に行っています。お腹や自律神経に関係のあるツボを温めて、体をほぐしていきます。お灸でじんわり、お腹を労ってあげましょう。

 

 

 

 


^

マッサージ・はりきゅう治療院 慈光堂の施術を受ける